このメニューではメガソーラーの収益についてご案内しています。

メガソーラーの収益は天候によって異なる


メガソーラーの収益は天候によって異なる
太陽光発電は裕福層だけの特権、っと言われていた時代は終焉を迎え、今では一般家庭でも気軽に設置出来るのです。
国や自治体の補助金制度や助成金を利用することで、貴方にも節電生活を実現することが出来ます。 「メガソーラーを設置することでどの程度の収益を確保出来るか?」という疑問を抱えている人も多いでしょう。
これは設置場所によって異なりますので、事前の調査によって大体の目安を知ることが出来るのです。

天候によってメガソーラーの発電量は大きく異なり、思っている発電量に達しないこともあります。
ですので予め発電量の多いメガソーラーを導入しておく方が良いと思います。

基本的にメガソーラーは広い空き地などに設置をしますが、工場の屋根や住宅街に設置をする時には騒音に注意をしましょう。
運転音は大した音ではありませんが、人やによっては気になることもあるので設置場所も考えておきましょう。




メガソーラーの収益は天候によって異なるブログ:2020/07/07

名古屋から息子を連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきった僕たち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70~80歳くらい。

気にはなっていたが僕の席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのまま僕も座っていた。

すると僕の家内が大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは家内にお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
僕たち家族はそこで降りたわけだが、
そこで僕は家内に聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
僕も気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた家内は
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたのパパや母も
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

僕は目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。

メガソーラーの収益は天候によって異なる

メガソーラーの収益は天候によって異なる

★メニュー

補助金を活用して太陽光発電をお得に導入
買電と売電でソーラーパネルが激安
ソーラーの価格は十分に元を回収出来る
工業用のソーラーパネルを自治体で普及
重要な病院だからこそ定期的な太陽光発電のメンテナンス
自治体が太陽光発電を遊林地への設置に積極的
メガソーラーの収益は天候によって異なる
産業用ソーラーパネルで社会貢献
産業用ソーラーには適した設置場所がある
ソーラーパネルの正確な見積もりをもらう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)正しい太陽光発電情報