自治体が太陽光発電を遊林地への設置に積極的


自治体が太陽光発電を遊林地への設置に積極的ブログ:2020/01/29


体操は、減量には有効だと思います。
でも、体操のタイミングや頻度を間違えると、
体操しているのにまったくやせないということもあるんですよね。

「三ヶ月も頑張っているのに、全然やせない!」
これは、少々ハードな体操を始めた人が陥りやすい錯覚なんです。

どれだけハードな体操をこなしたとしても、
24時間で消費したエネルギー以上に食べていればやせることはありません。

「これだけ体操したのだから、少し多く食べても大丈夫」
というのは間違いです。

実際、1回の体操による脂肪燃焼の効果というのは、
ごくわずかなのだそうです。

そこへ体操したことを口実に
いつも以上にエネルギーを摂取すれば、脂肪が増えて当然!

体操することで減量につながるのは、
エネルギーの消費だけではなく、
筋肉量の維持や増加で基礎代謝量を増やして、
太りにくい身体にしていくことにあるのです。

体操を始めるのであれば、
最低でも現状の食事量を維持、または減らすことが最優先です。

体操を減量に取り入れる場合は、
定期的にできる体操を選ぶことが絶対条件です。

どんなにハードな体操でも三日坊主では何もなりません。
しないよりはましでしょうが、
7日間に1度程度の激しい体操をしても、
それほど減量には効果が無い場合が多いのです。
少なくとも週に3回程度できる体操が良いとされています。

しかし、どんなにきつい体操でも
根性で続ければよいのかと言うと…それも疑問です。
自分がこれなら続けられるという体操が一番です。

きついだけでまったく興味がない体操であれば、
思うように効果が出なければすぐにやめたくなるものです。


川元誠一へ
http://memory.dr-pur.com/health/detail.asp?id=222d3fb825

afternoon tea tokyo
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/en/thetavern-grill-lounge/

クイーンエリザベスならクリック
https://www.best1cruise.com/user_data/tokusyu/cunard.php

川元誠一
http://kn.ndl.go.jp/list?creator=%E5%B7%9D%E6%9C%AC+%E8%AA%A0%E4%B8%80&viewRestricted=1&detailSearchTypeNo=A&searchMode=A

ミックスボイスについて
http://www.daisakuvoice.com/